• ホーム
  • アエラホームでローコスト住宅を建てるメリットは断熱性!

アエラホームでローコスト住宅を建てるメリットは断熱性!

一軒家が立ち並ぶ街並み

ローコスト住宅を展開しているハウスメーカーにアエラホームがあります。アエラホームはローコスト住宅ながら、高性能のアルミ箔を使用した断熱材をしっかりと包んでおり、徹底して気密を考えた住宅を作っています。アエラホームで行っているのは柱の外側と内側の両方で断熱をする方法であり、両方の良い面を取り入れているため、大変に断熱性が良くなっています。この断熱性によって、どの部屋でも常温常湿となり、ヒートショックを起こすリスクは大変低くなります。

アエラホームのローコスト住宅は様々なものがありますが、クラージュシリーズは自由設計ながらもアルミ箔でしっかりと家全体を覆い込む外張り断熱を基本的に採用し、さらに壁の中にも吹き付けによって断熱を施しているので、大変に断熱性が高い住宅になっています。外張り断熱の場合、狭い空間となることがあるのですが、クラージュの場合は吹き抜けを作ることができ、さらに勾配屋根を作ることによって空間が大変広くなります。温度と湿度のバランスが良く、光触媒のフィルターによって外部からの菌などを持続的に取り除くことができます。

プレストはさらに断熱性能が高まった住宅であり、地震に強い耐力面材ハイベストウッドを装備しています。そのため耐震性にも優れており、力が加わった場合も面全体で受け止めるため筋かいに比べると傾きにくくなっています。ローコスト住宅の場合、設備面でグレードが落ちることがあるのですが、プレストシリーズでは最新の設備を標準搭載しているため設備においても一般的なハウスメーカーと変わりがありません。

アエラホームは断熱性や耐震性に優れているローコスト住宅であり、火災に備えて間仕切り壁の上部分にファイアーストップ構造を採用しています。クラージュタイプには標準装備として厚く硬い石膏ボードや軒天井ボードを使用しており、防火対策になります。しっかりとした省令準耐火仕様となっているので、火災や地震保険も大幅に削減することが可能です。

しっかりとした家づくりをしているため、建てた人の評判や満足度は高く、夏は涼しく冬は暖かい、部屋の環境が省エネになると評価されています。環境や健康に配慮した家という評判も多く、どこの場所にいても快適に過ごせるという意見もあります。ラインナップも大変多く、暮らし方によって選ぶことができるのも魅力となっています。特に断熱性に優れており、コストパフォーマンスが良いことから満足度が高いハウスメーカーです。

関連記事
耐震性を重要視するならウィザースホーム! 2020年06月19日

ウィザースホームはLCC住宅を取り入れているハウスメーカーであり、ローコスト住宅となっています。LCC住宅は建築費など最初に必要となるイニシャルコスト、さらに実際に生活をしてからかかるエネルギーコスト、そして修繕に必要なメンテナンスコストを指しており、長くしかも快適に暮らすために作られた住宅を指して...

断熱材のコストを節約するのはマイホームの寿命を縮める! 2020年05月16日

断熱をする方法には外断熱と内断熱の2つがあります。外断熱は家の柱と壁の間に断熱材を覆う方法であり、マイホーム全体を覆うため断熱性が大変高くなります。さらに気密性も確保しやすく、これにより結露が発生しにくい特徴があります。内断熱は外壁と部屋の壁との間、さらに天井や床下に断熱材を置いたり敷き詰めたりする...

マイホームの外壁は何を選ぶべき? 2020年04月30日

マイホームを建てる上で内装ばかりに気を取られてしまいがちですが、重視しなくてはならないのが外壁です。外壁は周囲からも見える部分であり、家の印象を決めているので慎重に選ばなくてはなりません。主流となっている外壁の一つに窯業サイディングがあります。窯業サイディングは板状になっているものであり、工場で大量...

ローコスト住宅が売りのハウスメーカーってどう? 2020年04月15日

近年注目されているのがローコスト住宅です。ローコスト住宅とは一般的なハウスメーカーで建てた住宅と比べた場合、建築に関する費用を抑えたものを指しています。一般的には坪単価が40万円、工事費の総額が2千万円までの住宅を指すことが多いです。一般的なハウスメーカーで建てる住宅においてはおおよそ2千5百万円か...